注染

注染は手ぬぐいを染める伝統的な手法です。注ぐ染めという名前の通り、染料を生地に注いで染色します。

型染めと同様、型紙と防染糊を用いる型染めの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 1. 型紙を用意します

 

 

 

 

 

 

 

3. 生地を保護するために捨て布と呼ばれるガーゼのような薄い生地をのせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5. 型紙を外し、生地を糊の上に被せるように置いていきます

 

 

 

 

 

 

 

7.生地を最後まで置いたら、おが粉を周りにかけて保護します

 

 

 

 

 

 

 

 9. 染料を上から注ぎます

    

 

 

 

 

 

 

 

11. 染色ができたら水洗いします

 

 

 

 

 

 

 

 13. 機械で10mの生地を巻きます

 

 

 

 

 

 

 2. 防染糊を置き、型紙を外します

 

 

 

 

 

 

 

4. 捨て布を置いたら、型紙をのせて、防染糊を置きます。

 

 

 

 

 

 

 6.生地を置いたら、型紙をのせ、また防染糊を置きます。

生地が終わるまで繰り返します。

糊置き→生地→糊置き→生地 繰り返す

 

 

 

 

 

 

 

 8.注染専用の機械にのせます 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10.機械についているペダルを踏む事でバキュームされ、染料が生地の上から下へ浸透します

 

 

 

 

 

 

 

 12. 乾燥させます

 

 

 

 

 

 

 

 14. 手ぬぐいとして販売されるときは

90cmから100cmに裁断されて販売されます