型染め

 


型染めとは、

 

間接法の染め技法です。

多くの工程があります。

 

図案ー型紙彫りー糊置き(型紙を使用して糊で染めない部分を防ぐ)ー糊を乾燥ー下豆(布の裏面に大豆で作った下豆という液体をしみ込ませる)ー色さし(天然顔料に豆汁を混ぜで刷り込み刷毛で染める)

 

花びら一枚一枚丁寧に染めています。